腰痛を自宅で簡単にすっきりさせるエクササイズ!

つらい腰痛から解放されたいと思いませんか?

つらい腰痛から解放されて快適な生活をおくりたくないですか?

こちらの方法でしたら、簡単なエクササイズで改善することができます。

加齢による腰痛について

 

腰痛改善

腰痛の原因にはいろいろとありますが、一番多いものが加齢によるものです。

 

加齢により、腰椎が変形してしまって腰痛が起こります。
そしていろいろな腰痛の症状が出てきます。

 

人の身体は骨と骨をつないでいる関節を動かして身体を動かしていますが、年齢を重ねると、骨が摩耗してくるからです。

 

人間の身体は年齢を重ねると、いろいろな部分の退化が始まります。当然、それは、骨においても、退化が始まってしまうということになります。

 

そして、当然のことながら、その退化を食い止めることはできません。
ですので、それにより腰痛が起こってくるというのは普通のことです。

 

では、年齢が高くなってきたら、腰痛をずっと我慢して生活していかなければ、ならないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

身体は老化するのは自然のことです。
ですが、老化をしても加齢による腰痛の症状は押さえることができたり、軽くすることができるのです。

 

決して「歳だから・・・」と諦める必要はないのです。

 

では、加齢による腰痛を予防するにはどうしたらよいのでしょうか?


 

加齢による腰痛の予防法は?

 

加齢による腰痛対策といえば、まず、普通の腰痛予防と基本的には同じです。

 

 

ポイント1 

普段の生活において、姿勢を正しく保ち、無理な姿勢を長時間続けたりしない。
また、ストレスも大敵です。

 

ポイント2 

今の運動能力を少しでも維持できるような環境を整える事が必要となります。

 

 

とりわけ年齢が高くなってきたらポイント2は重要です。

 

いかに年齢が高くなってきても腰を支える筋肉の衰えを防ぐことができれば、腰痛の進行を食い止めることもできるのです。

 

 

 

 

では、加齢による腰痛で気をつける具体的な予防法は?

 

 ★若い時と同じ量の食事をしていませんか?

年齢が高くなると基礎代謝力が若い時と比べると落ちています。腹7分目から
8分目を心がけましょう。

 

肥満になると、腰や膝に負担をかけるため悪化しやすくなります。

 

 

 ★痛みのある時は無理に動かしてはいけません。

しかし、痛みが軽減したら、大事を取り過ぎるのはかえって逆効果です。
年齢が高くなるほど、身体を動かさないと筋力が落ちてしまいます。

 

痛みがとれてきたら、積極的に身体を動かしましょう。
腰を支える筋肉がしっかりとついていれば、腰痛がひどくなるのを抑える
こともできます。

 

 

 

では、年齢が高くなってから腰痛を予防するために身体を動かすのにはどういったものが
良いのでしょうか?

 

腰痛予防,ウォーキング

それは!!
激しいスポーツは必要ありません。(若い人でもそうですが・・・)
有酸素運動やウォーキングなどをすればいいのです。

 

 

そして、身体を柔らかくするストレッチが効果的です。

 

身体が硬いと身体の特定の部分に負担が集中することになります。
その結果、腰痛や肩こりなどが起こるからです。

 

まずは、ラジオ体操などからはじめてみてはいかがでしょうか?
たかがラジオ体操と思ってはいけません。
ラジオ体操を毎日続けるだけでも身体のストレッチには十分有効な動きです。

 

そして、大事なのは何となく動かすのではなく、どこの筋肉を動かしているのか意識して動かしてみて下さい。

 

 

注意!!
ストレッチをする時は腰痛の症状などに合わせて行う必要があります。
自己判断で行わずに、医師に相談する、または、自分の症状などに合わせたストレッチを行って下さい。

 

腰痛を簡単に改善したいと思いませんか。

腰痛にお悩みの方、整体や病院に行かなくても こちらの方法 の簡単なストレッチを5分実行

するだけでウソのように腰がラクになります。