腰痛を自宅で簡単にすっきりさせるエクササイズ!

つらい腰痛から解放されたいと思いませんか?

つらい腰痛から解放されて快適な生活をおくりたくないですか?

こちらの方法でしたら、簡単なエクササイズで改善することができます。

長時間車の運転をする人

 

運転手

筆頭に挙げられるのはタクシーの乗務員です。

 

タクシーの乗務員は一日中座席に座っている仕事です。
長時間座席に座りっぱなしですので、腰痛からヘルニアにまでなってしまう人もいるそうです。

 

腰の筋肉が疲労した状態のまま、急に体をひねった状態で立ち上がろうとすると、ぎっくり腰になる可能性が高まります。

 

予防としては、車の座席のシートは硬めのものの方が良いそうです。


 

重い荷物を持ち上げる事が多い人

 

腰に無理が慢性的にかかっているため、特にぎっくり腰には常に注意が必要となります。

 

ぎっくり腰になる確率が一番多いのが、中腰で重い荷物を持ち上げた時です。

 

肥満体形の人

 

太った人は細い人よりも重い体重を支えるため腰にかかる負担が大きくなります。

 

特に注意が必要な人は、何らかの原因により急に太った人は腰が急激に負担がかかるようになるため危険性が増大します。

 

あぐらや横座りをする人

 

あぐらや横座りは背骨が横に曲がるため、腰部に負担がかかり要注意。
膝への負担なども考慮すると椅子を使用する方が望ましいです。

 

柔らかい敷布団で寝る人

 

柔らかい布団で寝るとお尻が沈み腰の部分の背骨のカーブが増えます。

 

できるだけ、腰への負担を減らすため寝具は硬めのものをおすすめします。

 

くわえて、ソファーも柔らか過ぎるものは注意が必要です。

 

その他

 
  • 椅子に座る時、浅く座る・・・斜めに体重がかかるため腰への負担が大きいです。
  • 運動不足・・・背骨などを支える筋肉の低下を防ぐため意識して運動をするようにする。
  • ハイヒールをよく履く・・・立った時にお尻が突き出て腰がくびれる悪い姿勢が習慣になってしまう。
  • 冷え性・・・血行が悪くなるためぎっくり腰へのリスクが増大する。
 

腰痛を簡単に改善したいと思いませんか。

腰痛にお悩みの方、整体や病院に行かなくても こちらの方法 の簡単なストレッチを5分実行

するだけでウソのように腰がラクになります。