腰痛を自宅で簡単にすっきりさせるエクササイズ!

つらい腰痛から解放されたいと思いませんか?

つらい腰痛から解放されて快適な生活をおくりたくないですか?

こちらの方法でしたら、簡単なエクササイズで改善することができます。

腰部脊柱管狭窄症

 

腰部脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が、何らかの原因で狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫される状態になります。

 

年代的には若年層から高齢者まで、あらゆる年代で発症する可能性がありますが、加齢に伴って増加するため、老人に多く発症します。

 

 

症状としては腰痛やしびれが起こります。
 ●特徴

  • 長時間歩くことはできないが、しばらく休憩するとまた歩く事ができる。
  • 前かがみになると楽になる→手押し車を使用したりして前かがみになると楽になる。

 

 

★発症する原因★

 

 先天性脊柱管狭窄症(割合としては少ないです)
 

  • 生まれつき脊柱管が狭い場合

 

 後天性脊柱管狭窄症(割合としてはこちらが多いです)

  •  椎間関節の変形
  •  椎間板ヘルニアなどによる合併狭窄
  •  腰椎分離症、腰椎すべり症により脊柱管が狭くなった場合
  •  加齢による病気や変性

 

 

 

治療方法

 

治療

腰部脊柱管狭窄症の治療方法には!!

 

 

 

保存療法(軽い場合)

  •  鎮痛内服薬や塗り薬、貼り薬を使用した薬物療法
  •  血行を改善させるためのホットパックなどの温熱療法や超音波療法
  •  牽引などの理学療法
  •  腰部の安静を保つためにコルセットを使用した装具療法
  •  血流改善、炎症を鎮める神経ブロック療法

上記は痛みがある場合で、痛みが軽い場合は、姿勢の改善・運動を
心がける

 

 

 

外科的療法
  保存療法では改善されない場合や、強い神経障害がある場合など症状が重い時に適用

  •  脊柱管を広げ、神経への圧迫を取り除くことを目的とする

   手術法については、神経が圧迫されている範囲や程度、症状により、「開窓術」「椎弓切除術」などに分かれます。


 

腰痛を簡単に改善したいと思いませんか。

腰痛にお悩みの方、整体や病院に行かなくても こちらの方法 の簡単なストレッチを5分実行

するだけでウソのように腰がラクになります。